ほうれい線の消し方

ほうれい線の消し方

気になるほうれい線を目立たなくする方法があります。

簡単リンク通販 > ほうれい線の消し方

ほうれい線の消し方 舌回し

マッサージや体操などで表情筋を鍛えることは、ほうれい線を消すのに非常に有効なのですが、色々ある体操の中で、特に効果が高いと言われているのが舌回し体操です。
毎日のクリームなどを使ったケアと併用して、この舌回し体操を行うと更に効果が高まります。

舌回し体操のやり方は、口を閉じた状態で舌を歯の表面に沿ってゆっくりと円を書くように動かすだけです。
これを左回りに20回、右回りに20回します。1日に3セット行うとほうれい線だけでなく、シミや二重あご、顔の歪みなど様々な効果が期待できるそうです。

20回できない方は筋肉が弱っている可能性がありますので、初めは無理をせず、少しずつ回数を増やしていくようにしてください。

ほうれい線の消し方 マッサージ

頬にある小頬骨筋、大頬骨筋の弾力がなくなると、たるみが目立ってきて、ほうれい線が深くなります。
ですからマッサージでこの筋肉をほぐしてあげることで、筋肉が弾力を取り戻し、リフトアップするので、ほうれい線が目立たなくなってきます。

ここで紹介するマッサージは、指を口の中に入れるので、お風呂の中や歯磨きの時などに行うといいでしょう。

まず親指を口の中、歯ぐきと頬の筋肉の間に入れて、頬の上からは人差し指と中指で押さえ、頬の筋肉を挟みます。その状態で人差し指と中指を、小頬骨筋、大頬骨筋と直角に、左右の方向に動かしてマッサージします。

1箇所5回ずつマッサージしたら、小頬骨筋、大頬骨筋に沿って、少しずつ位置を変えていきます。
マッサージする位置は合計6カ所。左右3セットずつ行ってください。

ほうれい線の消し方 ペットボトル

ペットボトルを使用してほうれい線を目立たなくする方法もあります。

■ペットボトルに息を出し入れする方法。
足を肩幅に開いて立ち、ペットボトルを咥えて、思い切り息を吸い込んでペットボトルをつぶします。
その状態から、今度は思い切り息を吐き出し、ペットボトルを元の形に戻します。
この動作を1日3セット行います。

■ペットボトルを持ち上げる方法。
500ml入りのペットボトルの中に少しだけ水を入れ、ふたを閉めます。
机に置いたペットボトルを口にくわえ、歯を使わずに唇の力だけで持ち上げ、前を向き、ペットボトルを上下左右に動かします。
これを10秒間行って1セットです。3セット続けると効果的です。 
慣れてきたら、水の量を少しずつ増やしていきましょう。

Pure&Silk(ピュアアンドシルク)

ほうれい線の消し方 トップへ戻る