ドライアイ

ドライアイ

ドライアイは角膜に傷を付けてしまう前に対処しましょう。

簡単リンク通販 > ドライアイ

ドライアイ 症状

ドライアイになると次のような症状が発生します。

目を10秒以上開けていられない。
眼瞼痙攣が起きる。
眼が異常に乾く。
眼が疲れやすい。
眼が何となく痛い。
眼が真っ赤に充血する。
理由もなく涙が出る。

このような症状が現れましたら、すぐに眼科を受診するようにしましょう。
角膜に傷がついてしまう前に治療を開始することが重要です。

ドライアイ 治療

この病気を完全に治す治療法は、今のところありません。
治療は、点眼薬の使用によって涙の安定性を高めることにより、角膜の傷を修復することが基本となります。

治療のために使われる点眼液には、涙液の主成分である水・ムチンの分泌を促進する成分が配合されており、涙の量と質を改善し、安定性をよくすることで改善することができます。

その他、涙に近い成分を持つ人工涙液や、保水効果を持つヒアルロン酸ナトリウムを配合した点眼液があります。ヒアルロン酸ナトリウム点眼液は、角膜の傷を早く修復する作用もあります。

また、点眼薬以外の治療方法としては、パソコン、エアコン、コンタクトレンズの使用環境を改善することが症状を和らげるのに効果的だと言われています。

ドライアイ 目薬

市販の目薬を使いすぎると副作用を招く危険性がありますので注意が必要です。

目の充血は、目の疲れを解消するために、体が目に酸素と栄養を送ろうと、目の血管を太くして血流を多くしているという防衛反応なのですが、市販の目薬が充血を取る方法は、血管収縮剤によって血管を収縮させ無理矢理に白眼の充血をとる訳ですから、体の防衛反応と真逆の行為だと言えます。

一時的に充血はとれますが、薬の作用が切れるとリバウンドで前よりも充血を悪化させてしまいますし、このような目薬を常用すると慢性結膜炎などの副作用を招く可能性があります。


≫ 疲れ目 眼精疲労 ドライアイ改善7STEPプログラム

ドライアイ トップへ戻る