中性脂肪

中性脂肪

動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞になる前に何とか減らしたいですね。

簡単リンク通販 > 中性脂肪

中性脂肪とは

中性脂肪は人間の体を動かすためのエネルギー源になる物質で、トリグリセリドという別名があります。このため健康診断の検査結果ではTGという記号で表示されています。

主に食物から取得された脂質は、小腸で吸収されて血液中に入り、体内の生命維持活動に利用されますが、使い切れずに余ったエネルギーは中性脂肪として蓄えられます。具体的には体についた贅肉や皮下脂肪ということになります。
また、中性脂肪は肝臓でも合成されており、炭水化物やアルコールを多く摂取したりすることによっても増加します。

値が高いとよくないと言われることから、人間の体には不要なものだと思われがちですが、皮下脂肪として内臓を守り、また体温を一定に保つという働きもあり、生きていく上で必要なエネルギー源ですので、ある程度の数値は必要になります。

ですから値が高過ぎても、低過ぎても病気を引き起こす原因となります。

中性脂肪 コレステロール

TG値が高い場合に引き起こされる病気は2つあります。

1つ目は脂質異常症です。
脂質異常症になると、動脈硬化や脳卒中の遠因となるLDLコレステロールを増やしてしまい、また、善玉コレステロールであるHDLコレステロールを減らしてしまいます。
中性脂肪やLDLコレステロールが血管にへばり付くと、血液の流れを阻害して動脈硬化を引き起こし、その動脈硬化が心筋梗塞、脳梗塞、狭心症などの重大な病気へとつながっていきます。

もう1つは、中性脂肪が肝臓に蓄積することによって起きる脂肪肝です。
脂肪肝は肝臓の機能の低下を招きますので、肝硬変、肝臓がんにつながる可能性が出てきます。

逆にTG値が低い場合の病気ですが、栄養素が足りない状態なので、細胞を作ることができなくなり、今度は栄養素不足のために動脈硬化になる可能性があります。

中性脂肪を下げるには

TG値が上がる一番の原因は日頃の生活習慣や食生活などですので、逆に言えば、生活習慣や食生活を見直し改善することで、値を下げることも出来るということです。
毎日30分歩く、食事は魚や野菜を中心にしてカロリーを減らす、アルコールの量を減らす、タバコは控える、など色々あります。

ただし、運動や食生活の改善は効果は高いのですが、毎日継続するのはなかなか難しい面もあります。
そのような場合は、サプリメントの力を借りるのも有効な手段です。

例えばこのようなサプリメントがあります。
中性脂肪&コレステロールを減らすサプリメント【極上クリル】

中性脂肪 トップへ戻る